水鳥のひとかき

mizudrink.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

キサラギ

とんでもなく面白い映画を観て来ました!
題名は『キサラギ』、邦画です。

ほぼ全編、とある一室の中で繰り広げられる、ワンシチュエーションドラマ。
登場人物も基本的に5人の男性のみ。

・・・あ、それとひとりのアイドル


ストーリーは。
1年前に自殺してこの世を去ったアイドル「如月ミキ」のファンサイトの住人が、1周忌の追悼オフ会を開く。
集まった5人はそれぞれ初対面。
最初のうちは「如月ミキグッズお宝自慢」などして盛り上がっていたが、1人の参加者の発言で,楽しい雰囲気は一変する。
『如月ミキは自殺なんてするコじゃない。殺されたんだ!』
そして、オフ会は「如月ミキ殺人犯探し」の場となって行く・・・。



出演者は、小栗旬、ユースケサンタマリア、小出恵介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、香川照之、という魅力的なキャスティング。
この5人が、笑えて泣ける「ミキちゃん愛」を炸裂させながら、彼女の死の真相に迫って行くのです。


『真実』を追いかけながら、状況は二転三転。
思いがけない事実も次々に明らかになって行って・・・かなりのサスペンスでもあります。


そして彼らが辿り着く『真実』は。。。切なくて暖かいのです。



とにかく脚本が巧くできてます。
5人の言動から、少しずつ見えてくる「如月ミキ」というアイドルの、偶像の部分と、実像の部分。
誰かのことを無償の愛で応援する想いが、その虚像と実像の間で揺れて、でもやっぱり芯はブレなくて。



うぅ。。。なんかちょっと、身につまされちゃうぞ〜〜(苦笑)



そして最後は、「見えないところで、ちゃんと想いはつながっているんだね」って、励まされるのです。
『ミキちゃん、Forever☆』であります。


ファンサイトで知り合った仲間、っつーのも個人的に生々しいですし(笑)
非常に私好みの映画でありました。


そうそう、脚本書いたのは「Always〜三丁目の夕日」を書いた方なんでした。
惜しかったのは、それまでずっと顔を出さないように見せてた「ミキちゃん」が、エンドロールでバッチリ画面に登場しちゃったのと、
ドラマの最終回にオマケでやっちゃいがちな、エンドロールの後に挿入された「1年後」のシーンですね。
なくてよかったなぁ。

[PR]
by mizu_dori | 2007-07-16 00:40 | 芝居・映画
またこのネタでございます。。。
このクールは「見るものないなぁ。。。」って思ってたのに、ふたを開けてみたら毎日ひとつはドラマを見てるという有様でした。
う〜ん。。。それほど豊作なクールでもなかったような気もするんですけどね〜。
実生活から逃避したかったのかしら(え?)

まずは、今クール見ていたドラマリストをば。

月・「プロポーズ大作戦」
火・「花嫁とパパ」「セクシーボイズ・アンド・ロボ」
水・「バンビーノ」
木・「わたしたちの教科書」
金・「生徒諸君!」「特急田中3号」「帰って来た時効警察」
土・「喰いタン2」「ライアーゲーム」
日・「冗談じゃない!」



・・・見過ぎだって。


ただ、この中で一話も逃さずに見ることができたのは、2つしかないのですけどね。
そしてそのうち、必ず録画して予期せぬ事態にまで備えていたのは1つだけでした。
さて、それはどのドラマだったのでしょ〜〜。
と、もったいつけるほどのもんじゃないので、とっととベスト5の発表☆

1位 「セクシーボイズ・アンド・ロボ」
1位 「帰って来た時効警察」
3位 「ライアーゲーム」
4位 「プロポーズ大作戦」
5位 「わたしたちの教科書」


いやぁ〜「セクロボ」と「時効警察」はほんとに甲乙つけ難くって。
実は「時効警察」は名古屋ではものすごく中途半端な時間に始まっていたので、最初のうち、うっかりして何度か見逃したりしてるんです・・・(涙)
「セクロボ」は時間的に帰宅が遅くなると危なかったので、2話めくらいから録画して見ておりました。(どんなけ〜ですな。)

でもその「セクロボ」も実際には1話見逃しておりまして・・・というのも、「セクロボ」には全国の視聴者(視聴率は低かったみたいだけど)が見られなかったお話があるのです。
放送日数日前に実際に起きた事件を想起させるってことで、完全にお蔵入りになってしまった回があったんですよね〜。
そのお話のゲストの俳優さんを初めとして、ドラマ作りに関わった人は悔しかっただろうなぁって思います。
んで、楽しみに(録画予約までして)待っていた私のようなファンも可哀想であります。(事前アナウンスゼロだったもんで)

そこまで思い入れたこのドラマの魅力は「とてもシンプルなテーマにややナンセンスな展開」でして、こういう作りが好きなのです。
メインの脚本家である木皿泉さんは、以前「すいか」と言うドラマですっかりファンになっていて、この方(実は2人の方の共同ペンネームなので”方達”というべきかな)の「なんでもなさそうなごく日常的なことが1つのテーマに集約されていく感じ」が好きです。
それと、主人公のロボとニコのピンポンみたいに続く会話がいいです。(これは「時効警察」の時効管理課内の会話にも通じる心地よさ、かも)
私は言葉をためらう傾向があるので、あのふたりみたいな「ワンタッチで返す」会話に憧れるんですよね。。。(キープし過ぎて、気がつくとパスカットされてることが多々あります。)←サッカー好き限定の表現、かな。
ただ、木皿さん以外の方が書いた回もあって、それがことごとくイマイチだったのでトータルで完全1位にはできませんでした。

ニコとロボを演じた大後寿々花ちゃんと松山ケンイチ君にもすっかり魅了されたので、続編が見たい気もしますが、視聴率が低かったので無理でしょうね。

「セクロボ」だけで長くなっちゃったので、あとは簡単に。

「時効警察」
小ネタの楽しさとキャラの魅力に尽きるでしょう。
三日月さんのように、好きな男性にまとわりついて健気に尽くしつつも、時折思いっきり拗ねてもみる、そんな可愛い女性になりたいな〜〜〜無理だけど。なのでした。

「ライアー・ゲーム」
自分の頭の悪さを思い知りながらも、こういうパズル&心理戦の話が好きなんですよね。
松田翔太演じる秋山はカッコよかったし。
あ、でも戸田恵利香ちゃん演じる直の笑顔に、「花より男子2」の海ちゃんがフラッシュバックして、裏があるように思えてしまったのって私だけでしょうか…。

「プロポーズ大作戦」
ん〜なんだろうな〜〜。どこにハマったのかなぁ。自信なくて探りあってる感じが、非常に共感できたからかも…(遠い目)
同僚たちと「多田も過去に戻って阻止してるんじゃ?」って盛り上がってたんですが、さすがにそこまで複雑ではありませんでした。
妖精役の三上さんのおかげで、とんでもないファンタジ−をリアルにしてくれてた気がします。
このドラマにおいて、タイムパラドックスについて考えるのは御法度です。

「わたしたちの教科書」
真面目に作ってあって、多少のキレイごとはあったものの,「ドラマだから」で許してもいい範囲だったと思いました。
兼良陸をやった冨浦くんと、仁科朋美さんをやった谷村さんと、ラストの明日香の言葉『もし今の私が死んでしまったら/明日の私が悲しむ/昨日の私が悲しむ』に出会えたことで「見ててよかった」でした。



一気に振り返ろうとするから、長くなるんですよねぇ。。。
もう終わったドラマを語ってるので、見た方じゃないとおもしろくも何ともないと思いますが、こんな感じにしかブログを書けないヤツです。お許しを。


もう新しいクールが始まっておりますが、もっと数を絞って見たいと思っております。
アジアカップもあることですし♪

で、ついでに「とりあえずこれは見よう」と思ってる新ドラマを書いて締めさせていただきます。


「山田太郎ものがたり」(金)、「ファースト・キス」(月)、「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス(長い)」(火)、「ホタルノヒカリ」(水)、「スシ王子」(金)、「牛に願いをlove&farm」(火)


・・・ほんとに数を絞れるのだろうか?

[PR]
by mizu_dori | 2007-07-01 18:40 | テレビ

水鳥が思いついたらちょぼっとかく雑記です。


by mizu_dori