水鳥のひとかき

mizudrink.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どうでもいい話ですが、私はテレビドラマが好きです。 って、前にも書いたな。^^;;

なので、今クール始まって、そろそろ各連ドラが第4回めに入ろうとする今、満を持して(?)水鳥ドラマランキング発表〜〜〜♪

☆1位 のだめカンタービレ (フジ系 月曜9時〜)
☆2位 僕の歩く道     (フジ系 火曜10時〜)
☆3位 Dr.コトー診療所 (フジ系 木曜10時〜)
☆4位 セーラー服と機関銃 (TBS系 金曜10時〜)
☆5位 役者魂       (フジ系 火曜9時〜)
☆6位 鉄板少女アカネ!!   (TBS系 日曜9時〜)

番外  ER(第10シーズン)(NHK総合 土曜深夜)←時間は一定じゃない


ま、早い話が以上の番組を見てるんです。。。見過ぎ?


どうでもいいついでに、各ドラマについてひと言コメント〜。

「のだめ」
原作は読んでません。ただひたすら、のだめちゃんがカワイイ。
ああいう女のコに憧れます。あ、部屋が片付けられないとこは、憧れるまでもなく似てるけど…(汗)

「僕道」
このシリーズはずっとハマってます。ほんとに丁寧にドラマを作ってるってことが伝わって来ます。
草なぎ君って、演じる役によって目の色を変えれるんですよね。。。そこが凄いです。

「コトー」
志木那島(与那国島)の美しさと、蒼井優ちゃんが私を惹き付けてなりませぬ。
もともと医療モノは好きなんです。。。

「セーラー服」
堤真一さんに「命を賭けてお守りします」って言われたら、組長でも何でもやるっきゃないでしょ。。。(爆)
これだけ全7話と短くて、すでに今週は悲しいことが待っていそうで、見るのが恐いっす。

「役者魂」
タイトルとキャスティングが私好みだったんで、期待が高かった割にちょっともたついてるかなっていう印象です。。。
演劇好きとしては、タイトル通りの展開になることを望みますです。

「鉄板少女」
堀北真希ちゃん、好きなんだけどな。。。(それだけかいっ)

「ER」
医療ドラマの最高峰です。。。私には。
“酸素飽和度”って言葉と“バイタル”って言葉は、このドラマで覚えました。


・・・明らかに「セーラー服」のコメントが書きたかっただけと思われ^^;;



さてさて、このランキングが最終回までケイゾクするかどうか。。。
けっこう途中で挽回して来るドラマがあるんですよね。過去の例では「女王の教室」とか「結婚できない男」とか。
気が向いたら、12月に振り返ってみたいと思います♪

あ、見てないドラマにはそれぞれ見ない理由があるんですけど、そんなことこそどーでもいいですね。
「嫌われ松子の一生」は映画を観てなかったらきっと見たと思います。
とにかく映画版の「松子」が素晴らしすぎましたので。

「松子」や「14歳の母」にのめってる方がいらしたら、コメントくださいまし♪
(え、「たったひとつの恋」はって?・・・ゴメンナサイそれは要りませんm(_ _)m

[PR]
by mizu_dori | 2006-10-31 01:16 | テレビ

しあわせなひととき

ペンギンたちに逢いに行って来た。

買い物帰り、近くにある名古屋港水族館を素通りするなんてありえないことだった。
けっこう疲れていたけれど、ここまで来てペンギンたちの顔を見ずに帰るなんて無理な話。
入館締め切りの30分前に滑り込んで、
入ってすぐの水槽で優雅に泳ぐイルカを数秒見つめただけで、
一目散にペンギンたちのいる南館へ。
これがまた、けっこう距離があるんだ。
しかもペンギンたちは順路の一番最後で待っている。

疲れのせいで頭もちょっと痛くなっていた私は、
なんだか泣きたい気分になりながら、歩く速度だけは緩めずに、
最短距離で「南極の海」をめざした。

「オーストラリアの水辺」の磯の香りを吸い込みながら、
いよいよ「南極の海」エリアへ。

ペンギン水槽のある場所は、少し暗い。
その薄暗いフロアには、いつものようにたくさんの人が、
水槽に身を乗り出すようにして楽しそうな声を上げていた。

その頭越しに、ペンギンたちはいた。

不思議なことに・・・あ、違うな、当然のように、
彼らを見たとたんに、私の疲れはスッと消えていった。
そして、やっぱりいつものように、涙がこみ上げてきたのだった。
なんで泣けてくるんだろう。

名古屋港水族館にいるペンギンは、全部で4種類。
アデリーペンギン
エンペラーペンギン
ヒゲペンギン(チンストラップペンギン)
ジェンツーペンギン


私はペンギンたちの中でも、特にアデリーペンギンが好き。
どうしてだか、彼らを見ると感動してしまう。
ずっとずっと恋いこがれてた憧れの人に逢えたような気分になる。

その次に好きなのが、エンペラーペンギン。
それに、ヒゲもジェンツーもシンプルな姿が私好みだったりする。
だから名古屋港水族館は、水鳥的水族館ランキングでは輝く第1位だ。

まず、ペンギン水槽の前に作られている観覧席に腰を下ろして、
ちょっと遠くからペンギンたちを見てみる。
水槽内は南極と同じような気候に整えられているらしい。
雪も降っている。
そして、陸にも水中にも、かなりの数のペンギンたちがいる。
陸でウロウロしてるペンギンは、ずっと陸にいて、ほとんど場所も移動しない。
水中を泳ぎ回ってるペンギンは、ほぼ休むことなく泳ぎ続けている。
なんて心が癒される風景なんだろう。
水槽の前にいる人達のことも眺めながら、気がつけば30分経っていた。
(ちなみに途中で隣に座った女のコ2人連れは、交互に「あ〜ん、かわいい〜」「やだぁ、かわいい〜」を連発していた。)

そろそろ閉館時間が近づいて来て、人も少なくなって来たので、水槽前に移動。
ペンギンたちは思い思いに泳ぎながらも、時々こちらに近づいて来る。
水槽に指をつけるようにして、ペンギンの気を惹こうとする若者(たいていカップルの男性の方。)を喜ばせるように顔を向けて、くちばしの先をガラスに当てて来たりもする。

たまらない。たまらなく、愛くるしい。

エンペラーペンギンが他のペンギンたちを圧倒するデカさで泳いでいる。
こっちを向いて、なぜかうなだれるようにして、しばし静止している。
か、かわいい。。。文句なく可愛い。

水中を飛ぶように泳ぐアデリーペンギンの黒い羽毛からは、
無数の泡が、ガラス玉のように生まれて流れて行く。
なんてきれいな生き物なんだろう。

時間だけがどんどん経って行く。
開館から閉館まで、ずっといられそうな気がする。
至福の時、だった。

極上の癒しをもらって、閉館のアナウンスが流れる中、
うっとりしたままペンギンたちに別れを告げた。

「また、お願いね」

[PR]
by mizu_dori | 2006-10-16 00:10 | ざっき

ギルド

大好きなBUMP OF CHICKENのスキンができたというので、
ちょっと変えてみました。。。

藤原くんが人形劇に関心があったというのは、
人形劇が好きな私としては、単純に嬉しいのですが、
なぜか、このDVDを買おうかどうしようか、迷っております。

理由は・・・観てないDVDたまり過ぎ、だから。
(オチも「ヘェ〜」もない理由ですみません)

あぁ、早くバンプの新譜聴きたいな〜。

・・・と、その前に後輩に借りてる、「やっと会えたね」なNIRVANAを聴かなきゃ。

とか言いつつ、今日、コブクロのベストを買って来た私。



統一感ないですな〜。

[PR]
by mizu_dori | 2006-10-09 02:16 | 音楽

水鳥が思いついたらちょぼっとかく雑記です。


by mizu_dori