水鳥のひとかき

mizudrink.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

勝てなかった試合のあと


ブラジルvsオーストラリア戦は、どうしてこんなに早く時間が過ぎて行くのだろう。
さっきのクロアチア戦、時間が永久に続くかと思った・・・。
特に、39分という表示のあとは長く感じたなぁ。

俊輔は、どうだったんだろう。
この試合、楽しかったのだろうか。
私にはとても楽しんでたようには感じられなかった。
クロアチア選手のユニを着て引き揚げてくる時の表情は、悔しそうに歪んで見えた。
きっと体力も限界切ってたんだろうけど。
そしてそのことが悔しくてならないのだと、思う。

この2試合を終わってみて、つくづく思うのは、私は俊輔が出ている限り、サッカーを純粋には楽しめないんだろうなと言うことだ。
今日の試合を振り返って、あれこれ思う時に、どうしても俊輔に厳しくなれない。
試合終了後、いろんなサッカーサイトでのみならず、友達からも「俊輔、後半走れてなかったねー」なんて言われて、「そうだったのか・・・」と落ち込む。
そして、足の怪我と発熱でベストコンディションとはほど遠い状態だったのに、よく頑張ってたよなぁ、って思っていた自分に、へこむ。

今日のクロアチア戦にしたって、FWが決められない、とか、左サイドがとにかく不安、とか、今日の主将はどうしちゃったの?とか、思うことはあっても、
俊輔がファンタジーを魅せてくれてないと、それ以外のことに文句を言う資格なんてないような気持ちになる。

中村俊輔という選手は、目を見張るようなテクニックで、誰も思いもよらないプレーをしてこそ、賞賛される選手だ。
我武者らさを表に出して、周りの選手を鼓舞するタイプじゃない。
だから得点の入らない試合では、どうしたってマイナス評価に置かれてしまう。
そして、何も言い訳ができない。

がんばれ俊輔。
あなたが勝利のために戦ってるのは、わかってる。
だけど、勝てない試合では私は口をつぐむしかなくなってしまう。
ごめんね、俊輔。




【21日のAM1時〜9時の予定で、エキサイトブログのサーバメンテナンスが行われるそうです。その間はここも見られなくなると思いますが、どうぞご了承くださいませ。】
[PR]
by mizu_dori | 2006-06-19 03:09 | スポーツ

まだ終わってないから


昨日、一日中代表ユニで過ごすという”暴挙”が効いたらしく、
今日、職場で顔をあわす人の第一声は、ほぼパーフェクトで
「水鳥・・・(少し私の顔を見つめて)・・・残念だったね。」
だった。
中には何も言わずに「うんうん(あんたの気持ちは解ってる)」って頷く人や、
「がんばれ!」って励ますポーズをする人もいた。

普段はサッカーの話なんてしないような人も、昨日は見てたんだなぁ。

私が相当落ち込んで顔を出すと思ってたらしく、
「だいじょうぶ?」なんて言ってくれる人もいた。


正直、試合直後は
「神様、時間を戻せるものなら戻してください」
って、祈ったし、
今朝目覚めた時は、戻し過ぎでW杯2日目の土曜日だと思ってしまってて、
昨夜のことを思い出して、再びブルーになったりもした。


でもね。
思ったほど、へこんでいない。
希望だって湧いて来てる。

確かに、状況は厳しい。昨日は完敗だった。
でも、まだ1試合やっただけ。
GLは、W杯は、まだ(少なくとも)2試合もやれる。
昨日の試合がそうだったように、「何が起こるかわからない」
サッカーは、スポーツは、この世界は、そういうもの。
去年のコンフェデで、一昨年のアジアカップで、私たちは見てるじゃない!

2002年の大会で、フランスのサポやアルゼンチンのサポは、
きっともっともっと、悔しくて悲しくてやりきれない想いを抱えたことだろう。
W杯ってそういう『特別な』大会なんだよね。


そして、選手たちは逃げるわけにいかないんだもんね。
じゃなくて、まだ、その手に切符は握ったままなんだよね。
ならば戦うまで。
応援するまでだ。


今日の帰り、玄関で一緒になった数人と
「クロアチアには勝つ! で、ブラジルには引き分け以上!」
って、大きな声で確認しあった。


「明日がある」

来て欲しい明日を想像することは、決して無駄なことじゃないよね。




以前もトラックバックさせていただいた、日本代表を応援する、ビッグジャージのブログ。
読んで涙がこみ上げて来ちゃいました。
私の駄文なんかより、うんと元気でますよ〜。


悔しい夜だってあるさ@カイザースラウテルン
[PR]
by mizu_dori | 2006-06-14 00:10 | スポーツ

やるべきこと


今日は、No.10の代表ユニを着て、仕事に行った。


その格好で、郵便局にも銀行にも行った。


誰か、想いを共にする仲間が、
「いよいよですね!」って声をかけてくれないかと思っていたけど、
名古屋の人ってシャイなんだな。


コンビニはファミマに入った。


もちろんキリンの生茶を買った。


今夜のおかずはオージービーフだった。



あとは、ぐっと目を見開いて「その瞬間」を見つめ、エールを送るだけだ!!!



信じてます、俊輔。
そして日本代表。



d0051241_0491075.jpg

[PR]
by mizu_dori | 2006-06-12 21:41 | スポーツ

いちねん

一年。

経ったんだね。

2005年の6月8日。

私は大きな歓喜の中にいた。

『日本がドイツW杯に行ける!』

それは、私の人生においても、決して小さくはない出来事だった。


そして。

歓喜の声の中、気づけないまま、私は 『さよなら』 を聞いていた。



特別の「嬉しいこと」と「悲しいこと」が一緒にやって来るなんて。
なんという巡り合わせなんだろう。
私の感情を宙ぶらりんにして、神様っていじわるだ。


でも、生きてるってこういうことなんだろな。
容赦はないんだ。


この「事実」に、しっかりと向き合わなくちゃと、
それがあの人から教えてもらったことを大切にすることになるんだと、
胸に刻んだ2005年6月8日から、いちねん。



『がんばれ、日本代表!』
空の上から大はしゃぎで応援してくれてますよね?

[PR]
by mizu_dori | 2006-06-08 01:07 | 想う
人にあいたい

その人の 暖かいところを 見たい
その人の 柔らかいところを 見たい
その人の 爽やかなところを 見たい
その人の 明るいところを 見たい
その人の きれいなところを 見たい

そしたら その人をどんどん好きになる

好きな人を想うとき 私はきっと微笑んでいる


だから 人にあいたい





筋ジストロフィに冒された男性が、残された機能を使って周囲の人の顔を描き残してる、というテレビ番組の予告を見ました。
110人分を目標にしてるというその絵は、どれも笑顔。それも微笑んでいる表情でした。
彼には、周りの人の一番いい顔を見つけることができるんだなぁって思いました。

・・・そういう瞳をもっていたいです。

[PR]
by mizu_dori | 2006-06-04 02:04 | 想う

水鳥が思いついたらちょぼっとかく雑記です。


by mizu_dori