水鳥のひとかき

mizudrink.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:テレビ( 21 )

読者がいる限りやるっ!2012年春クール☆テレビドラマランキングッ♪

某所で催促をお受けした(笑)ので、なんとか今クールもアップさせていただきます。
Kママ様、ありがとー。

まずは、「こんなん見てました~」から。

(月)「鍵のかかった部屋」
(火)「リ-ガル・ハイ」」「37歳で医者になった僕」
(水)「クレオパトラな女たち」
(木)「Answer」「カエルの王女さま」
(金)「もう一度君に、プロポーズ」「都市伝説の女」
(土)「三毛猫ホームズの事件簿」
(日)「ATARU」「家族のうた」

うん、春クールもよく見たな~。
たくさん見てるからこそなのか、見てたうちの2作品もが「打ち切り(8話で終了)」になってしまうと言う、ちょっとした非常事態のクールでありました。
オダジョー様の「家族のうた」と、周防さん…じゃねぇ綾野剛くんの「クレオパトラな女たち」の2つであります。(や、ほんとは佐藤隆太さんが主演だったんだけども・・・綾野君、「カーネーション」より前から気に入ってたんす。)
この2作、実はけっこう面白く見てたんで、打ち切りを知った時は軽くショックだったんですよね。
案の定、伏線も人物描写もこぼしまくっての、無理矢理な店じまいになっちゃって、ほんとに残念でした。
どっちのドラマも出演者はよかったんですよね~。脚本だって悪くなかったし、いいシーンがいくつもあったのに、なんでなんだろうなぁ。。。視聴率って残酷だなと、つくづく思いましたわ。
そうそう、「クレオパトラな女たち」では、素敵な女優さんに出会えました!「梅舟碓氷さん」
舞台を中心に活躍されてる女優さんなのですが、もの凄く目を引きつける力のある演技をする方でした。
舞台は東京行かないと見られないようなので、またテレビに出てくんないかな~と期待してます。今度はぜひレギュラーで。


おっと、打ち切りになった作品の話をこんなに熱く語ってしまった!
ちゃんとランキングやりましょ~。・・・でも、これがまた難しくって。

悩んだあげく、こんなふうになりました!

1位 「鍵のかかった部屋」&「ATARU」
3位 「リーガル・ハイ」

4位 なんか打ち切りになったドラマも捨て難くて、順番つけるの無理!
5位 以下同文(爆)


このクールは、主役のキャラが立ちまくっていましたね~。
「ATARU」の中居君も「鍵」の大野君も「リーガル」の堺さんも、とってもとっても魅力的な人物を作ってくれました。
特に堺さんは、ここまで作り込むか!と,思わず巻き戻して見直してしまうほどこっちの想像の上を行く演技でしたね〜。
普段のイメージは、どっちかというと静かにじっくり考えながらお話するような方なので、そのあまりのギャップに、すごい役者さんなんだな~って、あらためて思いました。
1~3位のドラマに共通して言えることがもうひとつあって、スタッフの遊びと言うか、本筋には関係ないとこで楽しませてくれてたんですよね~。
「ATARU」は、あの「スペック」のプロデューサーさんの作品なので、至る所にコネタがちりばめられてて、それを見つけるのも楽しかったです。
「鍵」は場面が一瞬早くザクッと切られて次に進んでしまう演出が新鮮で、独特のテンポを作ってた気がします。音楽もよかったし。
「リ-ガル」は,主人公の古美門研介のキャラがすでにネタみたいなもんだったですが、里見浩太朗さん絡みでの水戸黄門ネタが最高でした。歴代の助さんと角さん、何人出て来たんでしょう。

ところで最近のドラマって、「謎」があるものが多い気がします。
私も謎解きが好きだから、やっぱりそういうドラマが好きだったりするんですけど、そうすると「事件もの(警察、探偵、裁判、etc…)」と「病院もの(医療行為って、見方によっては謎解きかと)」の花盛りになっちゃうんですよね。
実際、このクールで私が見てた11本の内、8作品がそうなんですよね~(あらためてビックリ)
そんな中、「もう一度君に、プロポーズ」は、夫婦と家族のお互いを思い合う気持ちを描いてて、ちょっとスイートではありましたが、きちんとしたお食事をいただいたな、って印象でありました。
「家族のうた」もね。。。11回、ちゃんとやってくれたら、美味しいディナーになったと思うんだけどな~。主題歌もよかったし♪
最初から「過去の名作へのオマージュです、勝手にやってごめんなさい。」って言って始めちゃえばよかったのにね。


さて、もう7月開始クールのドラマが出揃いつつありまして、月曜と水曜がなかなか良い感じです。
日曜9時の戦いは、もうTBSにしぼりました~。(フジは狙いが見え過ぎてる気がして・・・)
3ヶ月後、いかなる状況になっていますでしょうか。よろしかったら、また読みに来てやってくださいまし♪
今回も、長々と勝手なつぶやきを読んでくださって、ありがとうございますです!

[PR]
by mizu_dori | 2012-07-18 00:36 | テレビ
ギリギリ間に合った!? テレビドラマランキング~~~☆

宣言したからには、ちゃんとやりますよ〜〜。
・・・って、いばることじゃないダロ(汗)
まぁ、このクールはテレビドラマ界にとって大きな話題があったクールだったので、ちゃんとランキングしておきたいって思ってるんですよね。

ということで、まずは今クールに見てたドラマです。

(月)「私が恋愛できない理由」
(火)「謎解きはディナーのあとで」「ハンター~その女たち、賞金稼ぎ~」
(水)「家政婦のミタ」
(木)「相棒X」(継続中)
(金)「専業主婦探偵〜私はシャドウ」「11にんもいる!」
(土)「妖怪人間ベム」
(日)「南極大陸」(「僕とスター99日」)

なんだかんだ文句言いながら、最後まで大河も見たし、今クールも「減らそう減らそう」と言いつつたくさん見てました。
「僕とスターの99日」は、南極大陸と同時間だったので録画して見てたのですが、だんだん追いつけなくなってしまって、まだ何話も見られてないので、ランキングには不参加です。
でも、ランキングに入って来るようなドラマは、なにがあっても見ずにはいられないわけで。あ、このドラマ、主題歌は素敵でした♪(スピッツの「タイムスリップ」。原田真二の名曲のカバーです。この曲を選んだスタッフ素晴らしい☆)

ではでは、迷いまくったランキング!

1位 「家政婦のミタ」
2位 「妖怪人間ベム」
3位 「11人もいる!」

4位 「専業主婦探偵〜私はシャドウ」
5位 「謎解きはディナーのあとで」


3位と4位の間の空間は、・・・そういうことです(笑)
あ、「相棒」は別枠扱いです。ずっと見てるし、1話ごとに感想が違うので、ちょっと比べられないです。

1位〜3位はほんと迷いました〜〜〜。どれもそれぞれに良さがあったし、引っかかる部分もあったしで、順位をつける基準が難しかったです。

「ミタ」は惹き付けられ度がハンパなくて、今までこういう描き方されたドラマを見たことなかった衝撃は大きかったです。松嶋菜々子さんを見直させていただきました。あのミタさんは、松嶋さんの演技なくしては産まれなかったと思わせてくれる演技でした。
それと、主題歌(「優しくなりたい」)が最高でした〜〜!ドラマの終盤の盛り上がりへの貢献度は少なくなかったと思います。
季衣ちゃんの可愛さ、お父さんのダメなのに見捨てられない感じも好きでした。あと、ミタさんのカバンも(笑)
にしても、視聴率40%は驚きでした〜〜。(そ、そこまで?)

「ベム」は全く期待してなくて、実は見ないつもりだったのです。なんとなく見ちゃったら、アニハカランヤすごく深い話に創られてて、最終回に近づくにつれて胸の奥に響くものが大きくなって行ったのでした。最終回だけのランキングなら1位です。
亀梨くんを初めてカッコいいな〜って思ったし、杏ちゃんは驚きのハマりっぷりだったし、北村一輝さんが初めてほんとにいい人に見えました(笑)
どうしたって「有り得ない」設定なのに、リアルな世界に感じさせてくれたことが、なにより見た甲斐があったドラマでした。

「11人もいる!」はクドカンワールドでくすぐられながら、すっごくあったかくて「大家族っていい!」って思わせてくれる、実は上質のドラマでした。
ただ、登場人物が多いので、ちょっと描き切れてなかった部分もあったかな、って思います。二子ちゃんと三子ちゃんの印象にあんまり違いがなかったりね。
でも、やっぱりいいセリフがたくさんちりばめられてて、メグミと才悟の関係とか微妙なトコがきっちり描かれてて、何度も笑いながら泣かされました。
クドカンはやっぱり好きだな〜〜。


「専業主婦探偵」は、フカキョンが可愛くて。。。私って、実は深田恭子さんって女優さんが好きなのかもしれません。一途な女性を、あんなに可愛く演じてくれたら、ひれ伏しちゃいます〜。
同じ理由で、片思いしてる桐谷君も好きです。ずっと両思いの役はしないでください(笑)
「謎解き」は初回を見た時に「アタタ・・・」って思ったんだけど、あの変なコミック風CGを減らしてくれて、スッキリ推理ドラマにしてくれて助かりました。

「南極大陸」は、突っ込みどころがあり過ぎでしたが、ワンちゃん達が素晴らしい演技で頑張っていたので、それだけを頼りに見てました。時々ペンギン出て来たし(爆)


とまぁ、そんな前クールでありました。やった、書けた!!


なんて、喜んでしまいましたが、もう、ぼちぼち新番組が始まっちゃってるんですよね~(汗)

1月クールは、もう既に「平清盛」と「ステップファーザーステップ」と「ストロベリーナイト」と「ハングリー!」と「ダーティーママ」と「最後から二番目の恋」と「最高の人生の終り方」と「デカ黒川鈴木」を見始めてしまってます。あと、多分「運命の人」と「妄想探偵」と「恋愛ニート」も一応見てみる予定です。
「聖なる怪物たち」も気になってるしなぁ。。。
さぁ、3ヶ月後、私のテレビライフ(つーか生活?)はどうなっているのでしょう〜〜。


なんとかスリムにしたいですっ!(必死)

[PR]
by mizu_dori | 2012-01-15 19:13 | テレビ
今クールはやりますっ!テレビドラマランキング~~~☆

えっと、1~3月と4~6月クールのドラマランキング、やり損ねちゃって、いいドラマについて語れなかったのが心残りですが、2クールすっ飛ばして今クールに行きます!

今クールは、前回の記事にチラッと書いてるんですが、最終回まで見て、やっぱりあのドラマがぶっちぎりに良かったクールでした。

ランキングの前に、見てたドラマ。

(月)「全開ガール」「IS(アイエス)~男でも女でもない性~」
(火)「絶対零度」「チームバチスタⅢ~アリアドネの弾丸~」
(水)「ブルドクター」
(木)「それでも、生きてゆく」
(金)「ジウ」「勇者ヨシヒコと魔王の城」
(土)「ドン★キホーテ」
(日)「華和家の四姉妹」

これに大河も見てるわけで、今クールもたくさん見てました。

そしてぶっちぎりの。。。って表現は似合わないな、圧倒的なトップは「それでも、生きてゆく」です。

脚本も、演出も、音楽(辻井さんのも、主題歌の小田さんの)も、そして役者も、特上の仕事を見せてくれました。
毎週木曜日は、幸せな54分間を過ごすことができました。。。内容は苦しいものだったんですけどね。
とても重くて難しいテーマだったせいか、視聴率が低かったらしいのがほんとに残念です。
(実はわが相方も「見たくない」とのたまうので、いつも録画して1人で見てました・汗)
兄弟が殺人事件の加害者と被害者という主人公達のキャラクターが、救いようがないような物語の展開の中で、持ち上げられないような重いものを内包してるはずなのに、一見ではそうとは見えなくて、会話にも妙な軽さがあって、それが不思議なリアル感になって「見る者の救い」になっていました。
瑛太と満島ひかりちゃん、2人ともとても存在感があって素晴らしかったです。最終回の直後より翌日になってからジワジワ2人が可哀想になって来て、一日中切なくて困りました(笑)

一方で、親達はみんな、普段からどよ~んと暗いモヤに包まれてるんですよね。
時任さんの情けなさも風吹さんのしたたかさも、真実を感じて見てて辛かったんですが、何と言っても大竹しのぶさんの狂気にまで達した悲しさは圧巻でした。思わず息を止めて魅入ってしまうシーンがいくつもありました。これがタダで見られただけでも幸せだ~って思ったほどです。

加害者である文哉を演じた風間君も、ゾッとさせてくれました。
大竹さんと相対するシーンはほんとに迫力があって負けてなかったです。
こういう心に闇を抱えた難しい役のオファーが多いのも、頷ける気がします。

そしてこの「それでも、生きてゆく」と言うタイトル。
最終回だけでなく、全ての回でテーマとなって静かに響いていました。
被害者家族になっても、加害者家族になっても、加害者になっても、どんなに辛く悲しいことがあっても、「それでも、生きてゆく」んですよね。
誰かを求める思いが「希望」
一歩ずつ、光の方へ、悲しみの向こう側へ。生きて、進んで、いく。
そのためには、洋貴と双葉の2人は結ばれることはできないんだろうけど・・・出せない手紙を綴り続けるふたり。切ないです。


ということで、このドラマだけでこんなに語ってしまうほど、ぶっちぎりだったわけです。
2位以下は、サクッと行くことにします。

2位 「勇者ヨシヒコと魔王の城」
3位 「全開ガール」
4位 「ジウ」
5位 「ドン★キホーテ」

それ以下は、順位は付けられないかな~。どれもひとつふたつの文句があるので。
あ、でも、6位以下もどれも面白く見てました。
火曜日の2本と水曜日のは「謎」があるだけに、そこに惹かれて見ちゃってたんですよね。
それと、「バチスタ」はあの2人のやりとりが好きだし。この仲村トオルさん、とっても好き。
「IS」はとても複雑な題材なんで、そこをどこまで描けてるかって考えるとう~んと思ってしまうとこはあるのですが、生まれ持った自分の身体の運命をどう引き受けるかって視点で見てたので、いろいろ考えさせてもらいました。

2位から5位までは、みんな「やり切ってる」ドラマでした。
「勇者」は時に豪華すぎるゲストに喜ばされながら、バカバカしさとチープさをしっかり楽しませてもらいました。さすが「33分探偵」の福田雄一監督。
完全に遊び切ってる世界の中で、真面目に「勇者」をやってる山田孝之君、サイコーでした。木南晴夏ちゃんもやっぱ好き。
このドラマ、多分、ドラクエを実際にやったことあったら、もっと楽しめたんだろうな~。
「全開」はビー太郎と日向ちゃんの2人にやられました~。ビー太郎の笑顔と声は女性をとろけさせますね(笑)。あ、物語も無理なく紡がれてて、スタッフの愛情を感じるドラマだったので、見ていて心地よかったです。
「ジウ」は最後(ジウが心変わりするとこ)がちょっと甘かったけど、初回から世界観がガッツリしてて引き込まれました。黒木メイサさんも多部未華子ちゃんも身体張っててカッコ良かったし、2人の対比の見せ方も良かったです。
「ドン★キホーテ」は松田翔太君と高橋克実さんのキャスティングがよかったですね~。途中から、2人がお互いを認め合って行く感じが自然でした。コミカルな松田君もいいですね〜。最終回が気持ちよく見終われました。


ふぅ~~やっぱり長くなっちゃいました。。。
でも、新番組が始まる前にアップできてよかった~。 アタシ、がんばった!
10月クールは、世間的には「南極大陸」(TBS日曜9時)なんでしょうね。
TBSがすんごい力入れてるみたいで、出演者も豪華なんで、私も見る予定です。

でも。

1番楽しみなのは「11人もいる!」(テレ朝金曜11時15分)です。クドカン脚本に外れなし♪
それと原作が面白そうな「謎解きはディナーのあとに」(フジ火曜9時)と、今までと違う松嶋菜々子さんが見られそうな「家政婦のミタ」(日テレ水曜10時)かなぁ。。。
あ、月9に大島優子ちゃんが出るのも気になってます。
ただ、今クールや前クールのように「一言も聞き漏らすまい」って、前のめりになって見るようなドラマは、ちょっと見当たらないんですよね。
「鈴木先生」みたいに、いい意味で裏切ってくれるドラマが出てくれることを、秘かに願っています。

では、また3ヶ月後にお会いしましょ~。(コラコラ他のネタも書こうね)

[PR]
by mizu_dori | 2011-09-26 21:10 | テレビ
もうすっかり、今クールのドラマが始まっちゃってますが・・・。

やらずにはいられない、2010年10~12月クール、テレビドラマランキング!!!

(その前って、サボったよね・・・)

え~~っと、私が見てたドラマはこんなラインナップでした。

流れ星
フリーター家を買う
黄金の豚ー会計検査庁 特別検査課
SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
Q10
獣医ドリトル
霊能力者 小田霧響子の嘘


あと、「龍馬伝」と「相棒9」がプラスされます。
けっこう絞って見てましたね。。。それでも大満足なほど豊作なクールでした♪
基本的に、仕方ないから見てる、ってドラマはなかったです。

で、順位ですが。

悩んだ~~~~~~~~!
っつーか、ごめんなさい、上位ふたつがどうしても優劣つけられなくて、1位がふたつになりました。
なんで、こんなに大好きなドラマが同じクールに来ちゃったんだよ。(今クールが心配だ・・・)

発表!

1位 Q10 / SPEC

3位 フリーター家を買う
4位 流れ星
5位 獣医ドリトル
6位 小田霧響子の嘘
7位 黄金の豚


3位と4位、5位と6位も僅差ですね。
そして1位の2作はぶっちぎりで、惑星イトカワほどの隔たりであります。

「Q10」は、前田あっちゃんと佐藤健クンの人気で、私の周りでもけっこう見られていましたが、作品そのものの評価はイマヒトツでした。。。が!
私は毎回、胸をキュ~ンとさせられたり、心がザワザワさせられたり、深いところからこみ上げる涙を堪えたりしておりました。(で、たいてい決壊してました)
登場人物のすべてが愛おしくて、架空とは言え、同じ世界にいられることに幸せを感じてました。
最終回のラストにスタッフから贈られたメッセージのように、いると信じればいるんですよ、うん。
期待どおり、木皿泉さんの脚本は素晴らしくて、スタッフもキャストもその世界を創りあげるために頑張ってくれてました。
「すいか」「野ぶた」「セクロボ」と続いて来た木皿伝説に、新しい1章が加わりましたね~。
木皿さんの作品、大好きです!

「SPEC」は、なんつってもあの「ケイゾク」チームの作品ですから、気に入らないわけないんでございます。
戸田恵梨香さんも加瀬亮さんもよかったですね~。戸田さんのヘン顔、めちゃくちゃ可愛かったー!
他では見たことないキャラで、噛み合ってないようでいて、いつの間にかコンビとしての絆ができてる感じとか、あの堤監督独特の世界観の中で、しっかりと存在感を見せてくれました。
非現実的な話の中で、不思議とリアル感があって、見てる間ずっとワクワクできました。
「ケイゾク」同様、解決したような雰囲気だけ作って、実際は謎をさらに展開させて終わったので、続編でもSPでも映画でも何でも、期待しまくってます。

やっぱね、木皿さんとチームケイゾクとクドカンは、私的にはハズレがないです。

「フリーター」は、素材に対してじっくりと真面目に取り組んだドラマだったのが好感持てました。
ま、ニノが好きだったりもするんですけど(照)
ちょっと出来すぎてるとこもありましたけど。。。こういうドラマはハッピーエンドでなくっちゃね。

「流れ星」は期待してなかった分、きれいな主人公コンビが見せてくれた王道ラブストーリーにハマりました。
稲垣君、無駄にうさん臭かったです(笑)
ただ、ラストシーンが残念だったかな~。クラゲより、2人をもっとしっかり見たかったよ。。。

「獣医ドリトル」は、話によってイイ時とイマイチな時とがありましたね~。
でも、ドリトルの立ち位置がしっかりしてて、いろいろと考えさせてくれたので全体の印象は良かったです。
つくしちゃん、ついに類君と結ばれるのかーとか、いらない邪念が入ったことは内緒で。

「小田霧響子」は、何と言っても石原さとみちゃんのコメディエンヌぶりが良かったです~。
見てて楽しかったし、可愛かった。。。
それと、AKBの大島優子ちゃんもやりきってて好感度が上がりました。意識の高さを感じたっていうか。

「黄金の豚」は、篠原さんらしいドラマでしたね~。中身は全くのファンタジーでしたけど。
桐谷君はこれからも注目して行きたい俳優さんです。

そしておまけの「龍馬伝」
11ヶ月、面白く見続けられましたです。役者さんが豪華だし、前作に比べて演出が格段にまともでしたもんね。
福山さんもよく演じてたと思います(←何様)
ただ、私のテンションは武市さんと以蔵ちゃんが死んだとこでピークを迎えちゃったんで、その後はやや引いた感じで見ちゃってました。
「新撰組!」でもそうだったけど、主人公が死んでしまうラストに向かって行くお話は、見ていて切ないです。
歴史物はそこが分かっちゃってるとこが難しいですよね。


今回はちょっと気合い入れて書いてみました。(きなこママさん、いかがでやんしょ?)
無条件で「見られてありがと~」って思えるドラマがあるって幸せです。
さてさて、今クールはどうなるでしょう。
月9で戸田さんがシリアスなラブストーリーに出てますねぇ。いろんな役ができる役者さんなんで、次はどんな顔を見せてくれるか楽しみです。お話的にはあまり好きなタイプじゃないけれど。
今のところ、「デカワンコ」が予想を裏切ってくれて楽しめそうです。よく見るとキャストがいいもんね。
・・・それにしても刑事物多過ぎですな。

[PR]
by mizu_dori | 2011-01-17 22:14 | テレビ
いけねーいけねー、今年中にこれだけは片付けておかないと。大掃除なんてやってらんないわん。(それはどうだろ?)

今クールのドラマも(ほとんどが)とうの昔に最終回を迎えておりまして、いつの間にか定例化してしまったランキングをやっちゃいたいと思います。

今回はちゃんとランキングにしてみました。

☆1位☆ 「仁ーJIN−」(TBS 日曜9時)
 2位  「行列24時」(NHK 金曜10時)
 3位  「ギネ 産婦人科の女たち」(日テレ 水曜10時) 
 4位  「リアルクローズ」(フジ 火曜10時)
 5位  「マイガール」(テレ朝 金曜11時15分)
 6位  「アンタッチャブル」(テレ朝 金曜9時)
 7位  「サムライハイスクール」(日テレ 土曜9時)
 8位  「傍聴マニア」(日テレ 木曜深夜)
 9位  「東京DOGS」(フジ 月曜9時)

あ、「ライアーゲーム」と「不毛地帯」と「相棒」はまだ終わってないので、見てるけど入れてません。  
で、「乙男」と「おひとりさま」はリタイアしちゃったので、入ってません。

また、こんなに見ちゃってたんですね・・・あ、でも中には1話くらい抜けちゃってたりしたのもあったし、真剣に見てたのは「仁」だけだって言っても過言ではないかもです。
もう、今クールは「仁」が見られただけで大満足でした〜。(なので、1位だけ☆付きです♪)
職場でも月曜は「仁」の話題が出ることが多かったし、視聴率以上に愛されたドラマだったんじゃないでしょうか。
やればできるんじゃん、TBS。
まぁ、あれだけ(ほんとの意味で)豪華な俳優陣をそろえて、セットもしっかり作り込んでやってるんだもん、イイモノを創ろうっていう気持ちが画面から溢れてますよね。
スポンサー読む声にわざわざ遠藤憲一さん呼んで来てるくらいですから。(あれがまた、ドラマの始まりを静かに盛り上げてくれてたんですよね〜)
音楽もタイトルバックもみんな良かった。巷じゃ物議を醸してるらしいけど、終わり方がどーだって、続編なのか映画化なのかだとか、全然気になりません。このまま終わっても構わないっす。
それだけ、このドラマには心酔させていただきました。
それにしても花魁言葉は独特の魅力がありますね。。。「おさらばえ」あ〜たまらん。

「仁」を褒めだすと止まらなくなるので、この辺にしておきます。
そうそう、2位の「行列48時間」は、最初ノーマークだったんですが、ちょっと見てみたらハマっちゃいました。
よ〜く練られた脚本と達者な役者、國村隼さんには「ギネ」と両方で”カワイイおじさま”ぶりを楽しませていただきました♪

それに引き換え「東京DOGS」は残念すぎました。
いくらドラマだからって、あの警察はあり得なさすぎます〜〜〜。お茶の間を甘く見ちゃいけませんて。
小栗君と水嶋君だったから、あの視聴率が取れたんでしょうけど・・・あぁ、もったいなかった。
でも、最後まで見てたのは、もう月9って習慣になっちゃってるんですね。とほほ。


さて、1月からは「コードブルー2nd season」の続編や「特上カバチ!」ぐらいしか、今のところアンテナが反応していないんですが、なんてったって「龍馬伝」がありますからね〜。
2010年は大河ドラマにハマりたいもんです。NHKさん、今年は頼むよ〜〜〜。


そんなわけで。。。

今年もこんな拙いブログにお付き合いくださって、ほんとうにありがとうございました。
2010年も。。。たぶん続けると思うので、よろしくお願いいたします!
ではでは、よいお年を〜♪

[PR]
by mizu_dori | 2009-12-30 23:34 | テレビ

うわぁ〜〜い、新ドラマがほとんど始まってるじゃないのー!


・・・ってことで、毎度遅刻のドラマランキング、行きま〜〜〜す!!

まず、見ていたドラマ。

「ブザー☆ビート~崖っぷちのヒーロー」(フジ)
「救命病棟24時-シーズン4-」(フジ)
「赤鼻のセンセイ」(日テレ)
「任侠ヘルパー」(フジ)
「猿ロック」(日テレ)
「オルトロスの犬」(TBS)
「華麗なるスパイ」(日テレ)
「官僚たちの夏」(TBS)

一応、見ようと思ってたドラマは最後まで見届けたな、って感じです。
今クールも期待はずれが多かった(涙)
なのに、文句言いつつ見続けてしまう,ドラマ好きの悲しい性・・・(笑)
ん~、ハマったぁ!って言えるドラマに「流星の絆」と「篤姫」以来、出会ってないなぁ。。。

ってことで、今回はランキングは無理ですっ!
敢えて言えば、こんな感じ。

Aランクグループ:「ブザビ」「任侠」
Bランクグループ:「救命病棟」「猿」
Cランクグループ:「赤鼻」「官僚たち」
Dランクグループ:「オルトロス」「華麗なる」

「ブザビ」は、等身大の男女の恋と成長を絡めつつ描くと言う、今まで幾度となく描かれてきた物語で、あぁ、月9ってこれだよね~って(なぜだか)安心させてもらいました。
とは言え,おもしろく見てたのは主人公がくっついちゃうまで。そのあとは、もひとつ大きな波(試練)が来て欲しかったかな。主人公はもっと苦しまないと盛り上がりませんから〜。
見てた方しかわかんないとは思いますが、軽井沢って横浜とどんだけ離れてるっていうの?で、ございます。
そこまで無理して、1年会わずにいなくちゃいけないほどの「崖っぷち感」は伝わってなかったですから・・・。
ま、相武紗季ちゃんと貫地谷しほりさんが良かったからいいや♪(主役の立場なし)

「任侠」は草なぎ君と子ども店長(加藤清史郎くん)と黒木メイサさんが良かった!
草なぎ君、カッコいい!!って思ってしまったもの。。。スマスマの草なぎ君とは別人のようでした。
この人,入り込むとすごいのね〜〜。
まぁ、それが役者と言うものなんだろうけど、つまり草なぎ剛という人はタレントではなく俳優なんだなーって、あらためて思いました。
「弱きを助け、強気を挫く」というのが、任侠道ってことで、それが老人介護の根底にあるべきものと重なってる、というのがこのドラマのテーマなんだろな。。。うん、ファンタジーとしては楽しめました。
主人公がこの老人介護施設に来るまでにやってきただろうことについては、一切想像せずに見るドラマです!(苦笑)

「猿ロック」は単純に好きなんですよね〜。あのバカさ加減とイッチーが。芦名さん、見直したし。
ちょっと驚いたのは、視聴率はイマイチだったにも拘らず、もう映画化決定なんですね〜〜。
ってことはこのドラマ,人気のある市原君主演映画への長〜い予告編だったのだろうか。。。なんて。
まぁ、テレビで狭いファンに向けて創るよりも、映画の方が向いてるのかもしれないな、イッチー共々。

「救命」は、ほんっっっっっとに残念でした~~。
明らかに、江口さんの怪我で4週分削らざるを得なかったことで、企画当初に考えられてたことができなかった、って感じでしたもんね。
あちこちのブロガーさんが書いてたことだけど、私も幻になってしまった“本当の”「救命」が見たかったです。

一方・・・一番がっかりしたのは「オルトロスの犬」
もう、わけわからんし、各所にリアリティなしだし、登場人物の思考が繋がらないしで、イライラしつつ見てました。
なのになんで見続けたかって言うと、どう最終回へ持って行くのか,という野次馬根性的な興味だけでした・・・これも“性”ですなぁ。
やっぱりと言うか,当然、最終回は???のオンパレード。
途中で錦戸くんがインフルエンザに罹っちゃったのも,脚本のあまりの拙さに精神的にダメージ食らって免疫力が落ちてたせいなんじゃないかと、意地悪な見方をしてしまいたくなるほどでございました(汗)
出演者の皆さま、お疲れさまでした!


さてさて、そんなこんなでそろそろ欲求不感がピークに達しそうなワタクシですので、すでに始まってる秋クールにかける期待は高まるばかり。
今のところ、とりあえず見ようってことで、頑張ってます。

<日曜>「JINー仁ー」
<月曜>「東京DOGS」
<火曜>「乙男〜秋〜」(11月からは「ライアー・ゲーム」)「リアルクローズ」
<水曜>「ギネ 産婦人科の女たち」
<木曜>「相棒」「不毛地帯」「傍聴マニア09」
<金曜>「アンタッチャブル」「おひとりさま」「マイガール」
<土曜>「サムライ・ハイスクール」

はっきり言って欲張っております!すべて完走するのは難しいと思われ〜。
もう初回を見てるもののうち、「仁」「ギネ」「不毛」「マイガール」と、初回見逃したけど「相棒」は最後まで見る予感満々です♪
今んとこ「仁」が一押しかな。なんたって、題材も出演者も好みですもの〜〜。


読んでくださった貴方。
毎度、個人的なつぶやきにお付き合いくださって、ほんとにありがとでございます。
たまには、途中経過みたいに個々の感想を書いてみたいなって思うんですけどね〜。
「天地人、歴史改ざんするな!」とか(笑)
ドラマばっかり見てるもんで,レビュー書く時間がないという。。。トホホなテレビッ子なんです。

[PR]
by mizu_dori | 2009-10-18 22:00 | テレビ
あちゃ~~~(汗)
前の記事は「1月クールのテレビドラマランキング」ではありませんか!

・・・って、今気がついたようなフリしたって、サボってた事実は1ミリだって変りませんから!!

まぁ。。。春から初夏にかけて、いろいろあったんですよ。
そうそう、記事にしたいようなこともいろいろありました。
いい映画も観たし、素晴らしい舞台も観ました。
でも、なぜか最近は夜になると激ネム状態でして、パソを開いてみたものの、キーを打つパワーが出ず。
結局、このブログはテレビドラマランキングブログに成り果てております・・・って、年4回しか更新しない気かっ。

(せっかくなので、観てよかった映画と舞台のタイトルのみ記念カキコ。)
映画 「インスタント沼」(監督:三木聡 主演:麻生久美子←最近この人大好き♪
舞台 「容疑者Xの献身」(演劇集団キャラメルボックス←なんとかの一つ覚え…)


そうそう、最近はドラマブロガー泣かせ(?)な編成を組まれることが増えて来てるテレビドラマです。
これまで1クールは3ヶ月で、1、4、7、10月に新しいクールがスタートしてたのに、7月になってもまだ終わってないドラマがチラホラございます。
でも、気にせず”あの”ドラマも今期でくくってランキングしちゃうもんね!なのであります。(あれ以外は幸い見てないし♪)

ではまず、今クールに観てたドラマ。

月曜 「婚カツ!」(主演はスマップの中居くん)
火曜 「アタシんちの男子」(主演は堀北真希ちゃん)
   「白い春」(主演は阿部寛さん。ポニョちゃんも出てました。)
水曜 「臨場」(主演は内野聖陽さん)
木曜 「BOSS」(主演は天海祐希さん)
金曜 「スマイル」(主演は嵐のマツジュン)
   「名探偵の掟」(主演は松田翔太くん)
土曜 「ザ・クイズショウ」(主演は嵐の桜井くん)
   「Mr. BRAIN」(主演はキムタク そして豪華な共演陣&ゲスト)
日曜 「ぼくの妹」(主演はオダギリジョーさん)


おお、見る予定のドラマは、一応全部見たのね!
(あ「帰ってこさせられた33分探偵」は、たった4回しかなくて,しかも半分しか見てないのでした…で、除外~)

そしてランキングは。。。

すみません、順位つけられなかったです。
ドラマの楽しみ方がそれぞれあまりに違ってて、おまけに爆発的に「これよかった!」ってのもなくて、まぁ、何かと期待はずれなクールになってしまいました。

そんな中で最後まで楽しめたものは、この4つ。

「白い春」
「臨場」
「BOSS」
「ザ・クイズショウ」
「Mr. BRAIN」(終わってないけど)


最初の3つは、ドラマとして破綻なく作られてたというか、安心して見ていられるドラマでした。(ストーリーがという意味じゃなくね)
この主役にこの役を,って言うのがしっかりハマってて,それを活かす脚本だったり演出だったり脇役だったりで、ほろっとさせられたり笑ったりできたんですよね。
きっとこれって簡単そうで難しいんでしょうね、最近そういうドラマが少なくなって来てるってことは。
ドラマはフィクションなんだから、多少の(多少の、ね)ウソやご都合主義はあってもいいと私は思ってるんで、これからもそういうウソをくるみ込んだうえで楽しませてくれるドラマを見たいです。

あとの2つも若干「おいおい」と突っ込みたくなるような部分(許しておけないウソ)はあったけど、基本的に「謎解き」ものは好きなのです♪
・・・じゃあ、あれは?ということになるのですが、いくら好きでもリズムの悪すぎるドラマは楽しめないんですよ~。(期待度No.1だっただけにね…)

それと今回、脚本がトホホなものが多かったのに、これだけ見続けたのは俳優さんの力に他なりません。
それを声をにして言いたいです!

ありがとう、阿部ちゃん、遠藤憲一さん、大橋のぞみちゃん。
ありがとう、内野さん。
ありがとう、天海さん、竹之内さん。
ありがとう、新垣結衣ちゃん。(ストーリー関係なく、あなたに癒されたくて見てました)
ありがとう、桜井くん。
そして、ありがとう、オダジョー。(もう、あなたがいなかったら初回リタイアだったかも~~)

あ、「ありがとう」ではないけど、今回の九十九や「HERO」の久利生みたいな役の時の木村さんはけっこう好きです。
ただ、「Mr. BRAIN」はとにかく贅沢に作られてるんで、誰がいいとか、どこがいいとか定まらなくなっちゃってて、ちょっと損してますね~。


今クールのランキング・・・にはならなかったけど、ドラマ振り返りはこんなところで。
もう始まってるのもあるけど、夏ドラマで見ようと思ってるのはこんな感じ。

月曜 「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」
火曜 「救命病棟24時」
水曜 「赤鼻のセンセイ」
木曜 「任侠ヘルパー」
   「猿ロック」
金曜 「オルトロスの犬」
土曜 「華麗なるスパイ」
日曜 「官僚たちの夏」

やっぱり毎日になっちゃうんだなぁ(苦笑)
あ、「こち亀」はどうしようか悩んでます。。。香取君は好きなんだけどね。


それにしても、このブログ。
たいした内容もなくて、しかもこの更新ののろさ(汗)
覗きに来てくださってる方には、ほんとに申し訳ないです。
やっと更新したと思うと,こんな感じで。
それでも来てくださる皆さま。。。どんだけ私のこと好きなんだぁ!(←ボコボコにしてよし)

まじめな話。
ありがたいと思っております!!♡

[PR]
by mizu_dori | 2009-07-05 11:48 | テレビ
う~ん・・・前クールにもまして、低調だったと思えた冬ドラマ。
そのせいだけじゃないけど、やっと書けました〜〜。
それでも、最終回で巻き返してくれたドラマもあったりで、そこそこ楽しんだのかもしれません。

まず、今クール見てたドラマ。(完走したもの)

月曜 「ヴォイス~命なき者の声」
火曜 「メイちゃんの執事」「トライアングル」
水曜 「キイナ~不可能犯罪捜査官」
木曜 「ありふれた奇跡」
金曜 「ラブ・シャッフル」
土曜 「銭ゲバ」


。。。とまぁ、いつものように毎日なにがしかのドラマを見てたのですが。
来週が待ち遠しかったのは、1本もなかったかなぁ。

あ、「相棒7」も最終回を迎えたんですが、あれは別枠な感じがするので、外させていただきました。
ちなみに、日曜は「天地人」が現在進行形・・・毎回、突っ込みまくりで(爆)


一応、ランキングしてみましょ~。

1位 「銭ゲバ」
2位 「ありふれた奇跡」
3位 「ラブ♡シャッフル」
4位 「メイちゃんの執事」
5位 「トライアングル」
6位 「キイナ」
7位 「ヴォイス」


順位にそれほどの差はないんですけどね~~。うん。
ではイッコずつ、感想を。

「銭ゲバ」
初回見て、あまりの暗さに「ダメだ」って思ったんですけど、主人公の徹底して屈折した真っすぐさに惹かれて、いつのまにか1番真剣に見てました。
認めるわけにはいかない主人公だったけど、否定できない存在感があったんですよね。
主人公を演じた松山ケンイチ君に尽きる、ってことかな~。
それと、哀しすぎる究極愛を見せた、木南晴夏という女優さんに出会えたのが収穫でした。
それにしても松ケンって幅が広いなぁ。。。次はどんな役を演じるか、気になる俳優さんです。

「ありふれた奇跡」
これはね~~感想が難しいドラマです。
山田太一さんの書くセリフって、独特だし、みんな同じリズムに書かれてたりするし、「え、若い女性は言わないだろ」って言葉が出て来たりもするし・・・。
仲間さん苦労してるな~って思えちゃった時点で、ドラマとして減点なわけで。
でもね、さすがベテランの役者さんが良かったんです。
おじいちゃん(井川比佐志さん)、おばあちゃん(八千草薫さん)、すんごく人間臭くてリアルでした。
ラストはちょっとうまく行き過ぎかなって思えたけど、ハッピーエンドで終わってほしかったんで◯。
それと。。。加瀬亮くんが好きなんで、毎週会えるだけで30%増だったんす。。。

「ラブ♡シャッフル」
それなりにお金もってる美男美女が繰り広げるラブゲーム、のドラマ。
週末の夜に楽しく見るには良かったです。
出てる役者さんは好みだったし、セリフの掛け合いも楽しかったしね~。
ただ玉木宏さん、テレビドラマでは、ちょっと3枚目入ってる、どこか情けなくてカッコいい役ばかりになっちゃってるけど、そのイメージでいいのでしょうか~?

「メイちゃんの執事」
あの世界を「マンガ、マンガ」と言い聞かせてしまえば、楽しめたドラマでした。
失恋一直線かと思ってた「マメシバ」が、演じてた佐藤健クンのがんばりがあったのか、可能性残して終わって良かったです。(水嶋ヒロ君よりいいと思うんだがな~)

「トライアングル」
ミステリー好きなので、かなり期待してたんですけどね・・・。
謎を振りまきすぎて、早い段階で推理する気になれなくなりました。
これって、ミステリーとして失敗だと思うんですよね。
犯人もね・・・見てる人をうまく裏切って「そう来たかぁ!」って唸らせるのがミステリーの醍醐味かなって思うんですけど、
あれはちょっと納得いかなかったなぁ。気持ちのいい裏切り方ではなかったです。
豪華な役者さんをそろえてたのに、もったいなかったなぁ。

「キイナ」
超常現象も、科学的に解明できちゃうのです、って番組をドラマにしたってことで。
全部どこかで聞いたことあるようなお話でしたが、ドラマと思わなければいいのかなと。(←ある意味ヒドい)

「ヴォイス」
ハートウォーミングな泣かせる方向にもって行こうとしてるとこが、鼻についてしまって・・・ダメ。
医学生なら、もうちょっと科学的な裏付けを取ろうよ~~。
最近の月9はどうしちゃったんでしょうね・・・。

書いてみたら、けっこう辛口になっちゃいました。
1本でいいから、ドワ〜〜〜ッとのめり込めるドラマがあってほしかったな。

さてさて、もう4月に入ってまして、深夜帯ではもう始まったドラマもありますです。
とりあえずチェックしてみる予定のドラマはこんな感じです。

(月)「婚カツ!」
(火)「アタシんちの男子」「白い春」
(水)「臨場」
(木)「BOSS」
(金)「スマイル」「名探偵の掟」
(土)「ザ・クイズショウ」「帰ってこさせられた33分探偵」
(日)「ぼくの妹」


期待値No.1は「名探偵の掟」です♪
金曜のこの枠(23時台)って、「ケイゾク」や「トリック」「時効警察」「モップガール」と、ちょっとマニアックなラインナップでお気に入りだったりするのです。


あ、キムタクのドラマがまた5月末から始まるらしいですね。。。
タイトルは「Mr.BRAIN」。土曜日です。
その枠で4月から始まるドラマは、6回で終わっちゃうってこと?
どうしてそういう編成にするんだろ〜〜?(ちょっとメイワクだったり)

こんな勝手なつぶやき、最後まで読んでくださってありがとうございました♪

[PR]
by mizu_dori | 2009-04-05 22:27 | テレビ
もう、すっかり冬クールドラマが出揃いつつあるこの時期に、やっとこの記事を書いているのは、ひとえにAppleがMacをIntelにしちまったからであります~~。
(Macユーザーじゃないと何のことかわかんないですよね。早い話が、HPの更新に手こずりまくってるってことです・・・。)
サポートからの返事を待っている、この時間を縫ってブログの更新をばよっこらしょっと。

おいおい、言い訳はいいから早く書いちまえ。。。はいはい。

ってことで、見てたドラマは・・・

「スキャンダル」
「イノセント ラヴ」
「セレブと貧乏太郎」
「チームバチスタの栄光」
「OLにっぽん」
「風のガーデン」
「流星の絆」
「Room of King」
(「ギラギラ」と「夢を叶えるゾウ」は途中でフェードアウト~。)


どんどん行くぞ、ベスト5!

1位 「流星の絆」
    10月に予言した通りですな。
    真犯人は「それはやめて~」な方だったけど、
    脚本、演出、キャスト、音楽、終わり方、総てにおいて満足しましたっ!
    こうゆうの久しぶり~~。

2位 「風のガーデン」
    ここまでじっくりと創られちゃったら、ダメなものはできないでしょう。
    始まった頃は、家族にガン患者がゴロゴロいたので(こらこら)、
    ちょいキツかったけど、ガーデンの映像だけでもたっぷりと癒されました。
    どの役者さんも、倉本さんの台詞を自然に自分のものにしているのが、
    また心地よいのでした。
    でも、回を追うごとにお痩せになって行った緒方さんの姿を見てると、
    ドラマから現実に、気持ちを引きずり出されてしまったです・・・。

この2作が他を大きく引き離して見応えありましたね~~。特に金曜日は眼福だったし♪

☆3位 「スキャンダル」
☆4位 「チームバチスタの栄光」
☆5位 「OLにっぽん」と「Room of King」・・・にしておくかな。

基本的に「ドラマ」としてちゃんと楽しめたのは1位と2位だけです。
それ以外は、「謎解き」とか役者さんのキャラ&演技とかで見続けた、って感じ。(なのでコメントは割愛)
最近、そういうドラマが多くて残念です。

そういう意味でも、1位と2位は、ほんとに素晴らしかったです!
脚本、演出、演技、音楽、その他のスタッフワーク、どれをとってもレベルが高いなぁって思いました。
2つはある意味、両極にあるのかもしれないけど、人間のドラマを描く、という部分はしっかりと共通してましたね~。

倉本さんは予想どおりの出来映えでしたけど、クドカンには、またまた才能に惚れ直しました!
原作はかなり泣けるし切ないらしいのですが、同じく泣けて切なくても、しっかり笑いや温もりを与えてくれる脚本になってたのがスゴいです。
テレビドラマとして遊びつつもドラマはちゃんと描いてて。。。
主役の3兄弟(二宮君、錦戸君、戸田さん&子ども時代の役者さん)も、犯人だった(涙)三浦さんも、2枚目と3枚目の微妙なラインをやりきった要さんも、原作にはないキャラのマスター(尾美さん)も、最後まで謎だった中島美嘉さんも、RookiesからのMキャラ桐谷くんも、みんなよかったよ~~。
いろんな意味で楽しませてもらえたってところで、1位は「流星の絆」になりました☆

また、この枠でクドカンドラマが見たいなぁ。。。

今回はあっさりめにこんなところで。
あ、そうそうランキングに入らなかった2作品。
見続けちゃったのは、これが知りたかったから。
「で、何がしたいの?」
で、最後までわからなかったんですけど・・・。

そして、ここで言わなきゃ言うチャンスがない、特別賞っ!
「篤姫」
一年間、ずっと楽しませてくれてありがとうございましたっ!!


最後に、1月スタートのドラマで見る(予定)のドラマは。
「天地人」(日曜8時)
「VOICE 命亡き者の声」(月曜9時)
「メイちゃんの執事」(火曜日9時)
「トライアングル」(火曜日10時)
「ありふれた奇跡」(木曜10時)
「ラブ♡シャッフル」(金曜10時)
「銭ゲバ」(土曜9時)
(「相棒」は前クールから引き続き見てます~。)
今のとこ、月、木、金が1歩リードだけど、さてさて化けてくれるドラマがありますかどうか。

(今回は内容がさらに薄くてすんません。最後まで読んでくださって、ありがとです♪)

[PR]
by mizu_dori | 2009-01-18 13:23 | テレビ

ってことで、「ROOKIES」と「CHANGE」は、おきざりになっちゃいました。
どっちも、ラスフレに負けないくらい、おもしろかったよ。
・・・って、一応触れておけたので、ホッとしたりして。
市原隼人くん、やっぱり好きだな。
今、彼と加瀬亮くんは、私の目を止めます♪

んなことはどうでもいいから、早く本題へ。

今クールは。。。今クールは。。。は。。。

え〜〜と、何を見たんだったっけ?

一生懸命思い出す(爆)

とりあえず最後まで見たドラマは。
「太陽と海の教室」(月9)主演:織田裕二(だったらしい)
「シバトラ」(火9)主演:小池徹平
「ゴンゾウ」(水9)主演:内野聖陽
「正義の味方」(水10)主演:志田未来(&山田優)
「コードブルー」(木10)主演:山下智久(&新垣結衣&戸田恵利香&浅利陽介&比嘉愛未)
「魔王」(金10)主演:大野智&生田斗真
(番外)「33分探偵」主演:堂本剛

けっこう絞って見られた方かな。
あ、なぜ「33分探偵」が番外かというと、時々しか見てないからです。
それでも、それなりに楽しんでたし、基本的に1話完結(?)なのでいいかなと。
と言っても、ベスト5には入りませんが(苦笑)

では、ベスト5をさっくりと。

1位 「コードブルー」
2位 「ゴンゾウ」「魔王」
4位 「正義の味方」
5位 「シバトラ」

「コードブルー」はあの「ER」を意識したような作りになってましたね〜。「ER」が好きだからそれだけで好印象。
スピーディーな展開の中で、いくつかのエピソードが同時進行して行って、一応山P主演だったけど、若いドクター達の群像劇として楽しめました♪
もともと、医療もの好きだし、あれだけ医療用語を説明なしで使われるのも小気味がいいし。
そして息子をそっと見守るお母さん役やらせたら、私の涙腺を一番刺激してくださる山本道子さんが、浅利くん演じる落ちこぼれ気味のレジデントの母親役で、堪らないキャステングでございました。
電話の「ぅん」って返事だけで泣かせちゃうんだも〜〜ん。
(ちなみに山本さんは「僕の生きる道」で草なぎ君のお母さん役を演じていらっしゃいました。)
続編を希望しちゃうけど、このメンツを集めるのってむつかしいだろな〜。

「ゴンゾウ」は主演の内野さんの魅力(&演技力)とストーリーの収束のさせ方が秀逸で、どんどん引き込まれました。
主人公の過去(に関わった事件)と、今起きている事件が終盤に重なって来るとこなんて、オリジナルの脚本とは思えない(失礼かな?)出来でした。
ちょっと暗い筋立て(画面も)なんだけど、キャラの作り方でところどころ換気をしてくれてたので、なんとか最後まで見続けられたしね。(ルミ子が可愛かった♪)
ラストも主人公が死ななかったので◯。続編も期待しちゃうな〜。

「魔王」は大野君にいい意味で裏切られて、ダークサイドにいる主人公なのに許せてしまったのでした。
初めはウザかった生田君のキャラも、ドラマが進むに連れて同情できるようになって行ったしね。
(でも、初めのうちの描き方で、わざとそういう感じに仕向けてたような気もするので、そこはちょっとズルいですが。)
ただね〜〜、多くの視聴者が感じたと思うんですけど、ラストもラストのあの『DVDの宣伝工作』には、せっかくのドラマの後味が台無しでした。
スタッフ〜〜、なにしてくれるんじゃ!(出演者の声)

「正義の味方」は、志田未来ちゃんのコメディエンヌぶりと、やり切った山田優ちゃんのおかげで単純に楽しめました。志田未来ちゃん、ほんとに可愛いなぁ〜〜。

「シバトラ」は・・・大後寿々花ちゃん、可愛かったな〜〜〜〜〜。
(ところどころ展開にはかなり無理があったけど、ま、このドラマなら許容範囲です。)

さて、ランキング外だった「太陽と海の教室」。
私の中では主演はハチ(濱田岳クン)と灯里(吉高由里子ちゃん)でございました。
ハチ〜〜何でアナタが死ななくちゃいけないのよ〜〜。(←どうしても言いたかった)



ふぅ。。。「さっくり」のつもりでも、そうはいかなかったです。
読んでくださった方、ありがとうございます。

すでに新しいドラマが始まってます。
今クールの1押し、『流星の絆』に決まりました!
クドカンワールド+ミステリー+二宮クンと錦戸クン
ハマらないわけがないですん。。。




この場を借りて・・・おかげさまで、先日、母が退院しました。経過も順調で、ちょっとひと安心です。
ご心配、お気遣いくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。

[PR]
by mizu_dori | 2008-10-19 14:57 | テレビ

水鳥が思いついたらちょぼっとかく雑記です。


by mizu_dori